マッチングアプリで付き合うまでの流れは?交際までの期間・告白のタイミングなども解説

「マッチングアプリで出会った人と付き合うまでの期間や流れが知りたい!
デートの回数とか頻度とかわからないことが多すぎる…。」

本記事を読めば、上記のような悩みが解決します。

マッチングアプリで出会った人とお付き合いができたという話はよく聞きますが、そういった方々は一体どのような過程を経て交際に至ったのでしょうか?

私もアプリを使う前までは、「ネットで出会った人と、どうやったら付き合うことになんの?」と信じられませんでした。

ということで今回は、マッチングアプリで付き合うまでの流れや期間、告白のタイミングなどについて解説します。

最後まで読めば、効率よくアプリで彼氏・彼女を作る方法がわかりますよ!

マッチングアプリで付き合うまでの流れは?

そもそもマッチングアプリを使ったことがない人にとっては、どのような流れで付き合うことになるのかって、なかなかイメージしづらいですよね。

てなわけでまずは、アプリに登録してからどのような手順を経てお付き合いに発展するのかを簡単に解説します。
簡単に言うと下記のような流れです。

  1. 好みの異性を検索
  2. 相手に「いいね!」を送る
  3. マッチングする
  4. メッセージでコミュニケーションを取りつつデートの約束をする
  5. 何度かデートを重ねてからお付き合い

マッチングアプリで異性と出会う流れは以外とシンプルで、最初に簡単なプロフィールと写真付きで一覧表示される異性の中から好みの人を探します。

好みの相手が見つかったら「いいね!」を送り、相手からも「いいね!」が返ってきたらマッチングとなり、メッセージ交換ができるようになります。

あとはメッセージのやりとりで相手との距離を縮めつつ、頃合いを見てデートに誘ってお付き合いとなるわけです。

マッチングアプリで付き合うまでにはどのくらいの期間をかけるのがベスト?

マッチングアプリで付き合うまでの期間は、マッチングしてから1ヶ月〜1ヶ月半の間がベストです。
具体的には下記のような感じで進めることをおすすめします。

  • マッチングから初デートまで → 2週間以内
  • 初デートから付き合うまで → 1ヶ月以内

マッチング後にメッセージ交換をしてデートまで発展させることになりますが、会う約束をするのは早くても5日は待ってください。

これ以上早くデートの提案をすると、業者と間違われたり、ヤリモクもしくは軽いノリの人だと思われたりして、最悪連絡が取れなくなることも。

時間をかけて十分に相手との距離を縮めてからデートの約束をしましょう。

ただし、あまりに時間をかけるのも相手の気持ちが冷めてしまう可能性が高いため、遅くても2週間以内には打診すべきです。

また、初デートから告白するまでの期間は、1ヶ月以内がベストです。
大半の人がこの期間に数回デートを重ねて告白をしており、成功率も高い傾向にあります。

なお、たとえ初デートに成功しても、告白を先延ばしにしてずるずると関係を続けていると、相手の気持ちが冷めてしまうことはもちろん、他にライバルとなる異性が現れることも。

逆に早すぎると、相手があなたのことをまだ恋愛対象と見ていない状態で告白することになるので、お断りされることが多いです。

初デートまでのメッセージの頻度は相手に合わせる

マッチングから初デートまでの間、メッセージ交換をしてコミュニケーションを取ることになりますが、メッセージの頻度は相手に合わせるようにしてください。

理由はメッセージのペースが合わないと、相手が負担に思ったり、なんとなく波長が合わないと感じてさせてしまうからです。

例えば、相手の返信が1日1回ならこちらも1日1回の返信、2時間ペースで返信があるならこちらも2時間おきに返信というような感じです。

付き合うまでのデート回数は3回がベスト

付き合うまでのデート回数は3回がベストです。
つまり、3回目のデートで告白をするということになります。

大抵の場合、デートの提案や告白は男性がすることになるかと思いますので、男性の方は頑張りましょう。

もちろんベストな告白のタイミングには個人差がありますが、ネットの恋愛コラムのアンケートとか、YouTubeのタップル誕生チャンネルやイヴイヴの公式チャンネルでのインタビューなんかを見ると、圧倒的に「3回目のデートで告白して欲しい」という女性が多い傾向にあります。

デートの回数が少なすぎると「まだ早い」と思われ、多すぎると冷めてしまうみたいです。

因みに男性の場合はコツとして、各デートで下記のことを意識することをおすすめします。

  • 1回目のデート:相手に安心感を与える
  • 2回目のデート:相手に自分を男として意識させる
  • 3回目のデート:自分の好意をチラつかせて最後に告白

マッチングアプリで知り合った得体の知らない男に対して女性はかなり警戒しているので、1回目のデートではとにかく「自分はやばいやつじゃないから安心して良いですよ」というのが伝わるようにしましょう。

相手の話に笑顔で共感して盛り上げて、2軒目に誘わずに2時間程度でスパッと帰ればOKです。

つぎに、2回目のデートでは、相手の女性に男として意識させることが重要になります。
2回目のデートで男として意識させることができないと、3回目のデートを断られてしまうので頑張りましょう。

女性を褒めたり、レディーファーストを心がけたりして、男らしさをアピールしてください。

そして、3回目のデートに来てくれた場合は、相手にも少なからず好意があることが確定します。
少なくとも彼氏候補くらいには考えているので、ここで一気に畳み掛けるんです。

グズグズしてたらまたマッチングアプリで他の男を探されてしまいますからね。

ところどころで「僕はあなたのことが好きですよ」というのを匂わせて、女性に告白を受ける準備をさせます。
あとは、デートの最後に告白をするだけ。このように正しいステップを踏めば、マッチングアプリで出会った女性とでも付き合える可能性がグッと上がりますよ。

付き合うまでのデートの頻度は週1ペースで

デートの頻度は週1ペースにしてください。

なぜなら、付き合うまでのデートの回数を3回にしても、間隔が空きすぎると相手が冷めてしまいますし、逆に頻度が高すぎると負担に感じてフェードアウトされてしまう可能性が高いからです。

コツとしては、デートの最中に次のデートの提案をすると、「じゃあ来週にしますか?」みたいな流れに自然になるのでおすすめです。

例えば、マッチングアプリのプロフィールから相手がパンケーキ好きであることを事前に頭に入れておき、デート中さりげなくパンケーキの話をフって、「じゃあ今度一緒に行こっか?」のように提案する感じですね。

女性の場合は、相手の男性が誘いやすいように会話を誘導する、誘って欲しい雰囲気を出すなどをすると誘ってもらいやすくなります。

マッチングアプリは自分に合ったものを選ぶとお付き合いまで発展する確率が上がる

さて、マッチングアプリで付き合うまでの流れや期間、デートの頻度などを解説してきましたが参考になりましたでしょうか。

これでマッチングアプリを利用したことがない方も、なんとなくお付き合いまでのイメージが湧いたのではないでしょうか。

ただし、マッチングでお付き合いまで発展させたければ、自分に合ったアプリを選ぶことがかなり重要になってきます。

もし自分に合わないマッチングアプリを選んでしまうと、こちらが彼氏彼女が欲しいと思っていても、相手が遊び間隔で時間もお金も無駄にしてしまうなんてことが起こりえるからです。

どのアプリが良いかわからない方は、おすすめのマッチングアプリを紹介しているサイトを見て、いくつか候補を挙げるものいいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする