「いいね!」を増やすために必要な上手いプロフィール写真のコツ

最近私の友人から、「マッチングアプリ使ってるのに全然いいねが付かない!」と相談を受けました。

マッチングアプリを始めてから約1ヶ月経つものの、なかなかうまくいかないとのこと。

友人は、美人とは言えないものの、愛嬌があり可愛らしい雰囲気を持った女性なので不思議に思い、プロフィール写真を見せてもらうことにしました。

うん。写真が悪い!

今や、様々なサイト等で紹介されている上手な写真の撮り方。
本気で彼氏・彼女を探している人なら写真の撮り方ぐらいは知っているだろうと思っていましたが、まだまだ知らない人も多いのかも?

そこで今回は、「いいね!」をしてもらいやすい写真をご紹介していきます。
基本中の基本なので、是非参考にしていただけたらと思います!

「いいね」を増やすには第一印象が最も重要

まず言いたいのが、マッチングアプリで「いいね」をする時にどの部分を見て判断しているかってこと。

それは9割、顔が確認できる写真でしょう。

お互いの共通点は後回しで、男女共に、とにかく顔の印象や写真から滲み出る雰囲気を見ていると思います。

男性の場合は、どんなに自分の年収に自信があったとしても写真がマズければ思ったほど「いいね」はもらえません。

直接会って話す段階まで発展させるには、First impression(第一印象)に重点をおく必要があるということです。

プロフィール写真は必ず3枚以上!

プロフィールには、最低でも3枚は写真を載せましょう。

マッチングアプリを見てみると、写真がたった1枚だけの人が結構います。
それも、超アップの顔写真だったりブレていたり。

これでは、第一印象は良いとは言えません。

プロフィール写真は、その人の雰囲気を知るための重要な材料になるため、『上半身アップの写真・全身が見える写真・趣味に没頭する姿の写真』の3枚は必須です。

好印象を得られるプロフィール写真の例

男性・女性それぞれの、分かりやすい例を用意しました。
自分のプロフィールと見比べてみましょう。

男性の例

男性は女性に比べると、自身の写真を所持している人が圧倒的に少ないです。

となると、プロフィール写真を充実させるのは至難の業。
かと言って自撮りをしてもうまく撮れるとは限らないし、「自撮りの男性は嫌」と嫌う女性も案外多いです。

笑顔を見せると女性の心をグッと掴めるはずなので、天気の良い日の外で友人に撮ってもらうのがベストです!

女性の例

男性と違い、自撮りが上手な女性はたくさんいますね。
しかし、自撮りした写真を載せるよりも誰かに撮ってもらった写真の方がモテます。

その方が、自然体な笑顔が出せるからでしょう。

加工アプリで自分を可愛くしすぎるのもNGです。男性は、加工しまくったニセの美しさより、友人に笑いかけているような屈託のない笑顔の方が好きだし、断然惹かれます。

プロフィール内で明るい表情が見れると、雰囲気も分かりやすいし「いいね」もされやすくなりますよ!

サブ写真も載せれば印象は更にアップ

余裕があればサブ写真も追加してみましょう。

犬・猫の写真や料理の写真を載せている人はよく見かけますが、こちらもやはり自身が写っているものを選ぶのが良いと思います。

趣味の写真を増やしても良いし、普段はあまり着ない服装をした時(夏祭りやクリスマスなど)の写真もおすすめです。

また、仕事でスーツを着る男性はスーツ姿の写真を載せるのも良いですね!
服装によって人の印象は大きく変わるので、スーツと私服の両方を見られると女性としては嬉しいです。

メインの写真をミスするとマッチング率は低下する

先ほど、好印象を得られる写真をいくつか紹介しましたが、マッチングアプリで最も重要な写真はなんでしょうか?

もちろん、メインの写真です。
メインの写真とは、プロフィールを閲覧した際に1番最初に表示される写真のことで、自分の『アイコン』になるものです。

マッチングアプリには数えきれないほどの人数が登録しており、理想の条件に絞って検索してみても、ズラリと大量のアイコンが並んでしまいます。

この中で「この人いいかも…?」と思わせるには、やはりアイコンとなるメイン画像がとっても重要なのです。

メイン画像に最適なのはハッキリ顔が写っているもの

ハッキリ顔が見える写真で、SNOWなどのアプリで加工していないものがベストです。

できれば笑顔の写真が理想的ですが、不自然なほど笑いすぎている写真は逆に顔の印象が分かりにくくなってしまう場合もあるため、微笑んでいるぐらいがちょうど良いと思います。

印象悪い!載せてはいけない写真の例

一目見ただけで「この人は無いな」とスルーされてしまう写真をご紹介します。

顔面アップすぎる自撮りだったり、加工されまくった詐欺写真だったりと、ダメな写真は実は結構多いのですが、その中でも特に載せてしまいがちなミス写真を男女共に見ていきましょう。

男性の例

男性で多いのは、サングラスをかけた写真と、上半身裸の写真です。

確かにサングラス姿は誰でもかっこよく見えるし、筋肉に自信がある男性なら上半身を見せたい気持ちは分かります。

しかし、その写真で「素敵!」と惚れる女性の割合は少ないですし、逆に「何この人」と怪しまれる可能性の方が高いので、特にメイン画像に載せることはオススメしません。

また、良かれと思って変顔の写真を載せている男性もチラホラ見かけます。
自分がユーモア溢れる面白い人だとアピールしているのだろうと思いますが、いきなり変顔を見せられても第一印象が良いわけがありません。

女性の例

一方で、女性にありがちなのは自分を少しでも可愛く見せようとマスク姿(口元を隠すため)で撮ったり、ぶりっ子した写真を載せてしまうことです。

なぜか口元を隠すだけで、大抵の女性は可愛く見えてしまうものですが、これでは顔がハッキリと分かりません。

むしろ、「目から下がそんなにひどい顔をしているのか!?」と疑ってしまう男性は多く、いいねをしてもらえない確率がグッと上がってしまいます。

あからさまなぶりっ子も逆効果で、よく言う『上目遣いをしたら男性は恋に落ちる』というのは既に知り合っている男女の中で成り立つもの。

まだどんな人かも分からない状態でぶりっ子して見せても、面倒臭い女だと思われるだけでしょう。

そして、男性から注目されようとセクシーな写真を載せる女性も少なくありません。
確かにプロフィールを見てもらえる数は増えると思いますが、同時にヤリモクから狙われる危険度も増します。

まとめ

自分のプロフィール写真と比べてみて、いかがでしたか?
何か1つでも改善すべき点を見つけたら、今すぐ写真を変更してみてください。

プロフィールに使う写真をちょっと見直すだけで、「いいね!」される数は格段に変わります。

第一印象は、顔のレベルの高さで判断されるものでもありません。写真から滲み出る雰囲気が良ければ、いいなぁと感じてくれる人は必ずいるはずです。

上手に写真を撮って、自然体な自分で精一杯アピールしていきましょう。
たかが写真、されど写真です!頑張りましょう♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする